映画館の時間 | Journal | YUKAKO YAMANAKA | 山中結夏子

YUKAKO YAMANAKA

映画館の時間

今週で今年も2ヶ月が終わろうとしています。
早いような…そんなもんなような。

さて、少し戻ってお正月休みの話になるのですが、前から気になっていた場所で、ずっと観てみたかった映画を上映してることを知り、これを逃しては!と思い、上映時間と子どもの昼寝時間が重なったのもラッキーで、久しぶりに映画館での映画鑑賞の時間を持つことができました。

気になっていた場所とは「シネコヤ」。
「映画と本とパンの店」と掲げているこの店は、私の住む藤沢市の鵠沼海岸という場所にあります。映画文化を藤沢の街に残していきたいという想いと、これまでの映画館とは全く違う新たなスタイルに挑戦しているという、強い意志を感じるお店。
おすすめの本に合わせて上映する映画をセレクトしているようで、音楽、自然環境、社会問題などをテーマにしたドキュメンタリー映画など多岐にわたっていて、いくつも興味が湧くものがありました。

1Fは、たくさんの本が並んだ本棚に囲まれたカフェとパンの販売のスペース、2Fの上映室は同じように本棚に囲まれ、1〜2人掛けくらいのソファーが空間を保って並ぶ、他にはない面白く心地よい場所でした。次回はもう少し時間を作って、1Fでも過ごしてみたいなと思っています。

DVDやデジタル配信によってTVやスマホ画面でも映画が観れる時代だからこそ、こういう場所はとっても貴重で、改めて映画を観る空間の大切さを感じました。

このとき鑑賞した映画「人生フルーツ」もとても良かったので、またの機会にここに綴りたいと思っています。

シネコヤ看板